Home
商品一覧
ベジタポのサービス
食材が出来るまで
イベント
生産者の皆さまへ
無料新規会員登録
マイページログイン
商品検索≫
食材ができるまで
食卓に並ぶ食材をみなさんは普通に食べておられると思います。でも実際どうやって作られてるか知っていますか? 実をいうと気の遠くなる作業や様々な人間が関わって商品になっています。 どうやって作られているんだろう・・・・ ここではそんな素朴な疑問を解決していただけるように商品が出来るまでの経過をジャガイモを例に紹介していきます。
ジャガイモが出来るまで
ジャガイモ画像

☆ジャガイモはどうやって作られているの?☆

スーパーで見かけるジャガイモ。 カレーライスや肉じゃがを食べたり作ったりして馴染みが深いはずです。 どのように生産されているか一般的に馴染みの多いジャガイモがどのように作られているか細かく紹介していきます。
堆肥画像

☆畑に堆肥を運びいれます。☆

まずは、堆肥を4tトラックで何台分も畑に運びます。 完熟発酵させた堆肥は匂いがほとんどしません。 発酵すると60℃くらいに温度が上がることもあります。発酵が済むとサラサラの堆肥ができあがります。
堆肥を撒きます。

☆畑に堆肥を撒きます。☆

畑に運んだ堆肥をトラクターと専用の機械で畑に撒きます。一つの畑にまるまる2日もかかって撒く場合も・・・ まんべんなく均一に撒くのは大変で、長年の腕で分量などを見極めます。
畑起こし

☆畑を起こします☆

プラウという機械で固まった土を砕いて柔らかくしていき堆肥も土に混ぜ込んでいきます。 かなり重たい機械で取りつけ作業中に怪我をされる農家さんもいるくらい結構大変な作業ですね。プラウという機械で固まった土を砕いて柔らかくしていき堆肥も土に混ぜ込んでいきます。 かなり重たい機械で取りつけ作業中に怪我をされる農家さんもいるくらい結構大変な作業です。
ロータリー画像

☆土を柔らかくします☆

さらに細かく混ぜるためロータリーという機械で混ぜていきます。ロータリーをかけると土壌は、ふかふかになり歩くと沈むように柔らかくなります。 肥料を使う際は肥料を撒いてから混ぜ込みます。 微生物が混ぜ込んだ堆肥を分解して栄養素に変えてくれる効果を促進させる作用もあります。
種イモ画像

☆ジャガイモを畑に植えます☆

ジャガイモを畑に植えていきます。 機械を使い、トラクターで引っ張ると中の円盤が回って芋が落ちていくようになっています。 何時間も機械に乗って広い畑に芋を植えていきます。
生育中のジャガイモ

☆生育中のジャガイモ☆

週間くらいで芽がでてきます。種いもから芽が出て2週間くらいで葉が伸び始めてきます。 種イモの養分と葉による光合成をおこない成長していきます。
ジャガイモ畑画像

☆ジャガイモ畑☆

雑草の予防や葉を管理しやすくするためカマボコ状や三角になるように土を専用の機械を使い盛ります。 収穫の時に芋を掘りやすくする効果や排水対策、防除などの管理をしやすくするためです。
ジャガイモの花

☆ジャガイモの花☆

雑草と虫と何カ月も戦いながら育てていくと、花が咲きます。 芋の品種によってパープル、ピンク、ホワイト、イエローなど様々な色の花をつけます。 気候によってトマトのような実をつけることがあります。その実からも この花が枯れて落ちてからすでに大きくなり始めている土中のジャガイモの大きさを確認してから収穫します。
ジャガイモ掘り起こし画像

☆生育途中で掘り起こしてみました☆

掘り起こしてみると、このようにすでにジャガイモが出来ています。 ジャガイモは実を食べているんではなくて茎を食べているんです。
ジャガイモ掘り起こし作業

☆収穫のためジャガイモを掘り起こしていきます。☆

販売できる大きさまで管理した後、収穫時期を決めポテトデガーなどの機械を使いジャガイモを掘り起こしていきます。
ジャガイモ掘り起こし作業

☆収穫作業☆

掘り起こしたジャガイモを一一つ拾っていきます。 この際に、品物にならないもの、痛みが激しいもの、重さが無いものなど分けながらカゴに入れていきます。 カゴに入れていき満杯になるとトラックへ積み倉庫に移動させます。 炎天下の中では倒れるおじいさんやおばあさんもいるくらい大変な作業です。
選別作業

☆選別作業☆

倉庫に運び入れたジャガイモをさらに選別します。 選別したジャガイモは規格ごとに整理して箱に詰めていきます。 中には何時間もかけて一人で作業されている農家さんもおります。消費者の声にこたえるため農家さんたちは、必死で取り組んでいます。
出荷画像

☆ようやく出荷です☆

選別を終えて出荷されます。 出荷されたジャガイモは様々な流通経路をたどり皆さまのもとに届きます。 色々な業者をたらいまわしにされるとジャガイモは鮮度が落ちてしまいます。箱に入って長時間放置されるとさらに鮮度が落ちてしまいます。本来は畑で採れたものを直ぐに食してもらうのが一番です。 皆さまには労力をかけた分、一番おいしい状態で食べていただきたいのが生産者さんの気持ちです。新鮮なジャガイモの触感を是非経験していただきたいです。
☆ショップ twitter☆
vegetapoをフォローしましょう
☆会員専用ページ☆
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちらから
☆カートの中身☆
カートの中に商品はありません
☆ページメニュー☆
食材ができるまで
生産者の紹介
生産者の皆さまへ
☆メールマガジン☆
メルマガ登録・解除はこちら
☆QRコード